読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かべメモ

いわゆるメモってやつです

宝塚

ここのところの観劇の感想(月全ツ、剣心)

宝塚よ永遠なれ!とはいえちょっといろいろあって(抽選に外れてめげるとか職場の環境がちょっと変わってよっぽどでないと早退しづらくなったとか)行けてない作品が出だした今日このごろです。神奈川行きたいけどやはりちょっと遠い。気になるものばかりなの…

おしょうがつだからしょうがつばきさんのはなしをするよ

新春早々ダジャレか!しかし早くしないとお正月が終わってしまうので、このテンションのまま書いてみようと思います。 プログラム等詳細に見返さないで書いているので、上手と下手(かみてとしもて)とか、役名とか、微妙に間違ってるところがあったら申し訳…

ここのところの観劇の感想(星逢・ラ/ガイズ)

もはやいつの話だってなってますが、下書きが残っていたのでそっとアップ。 雪組「星逢一夜/La Esmeralda」(東京宝塚劇場) 夢を…夢をみたい…。でも良いオリジナル…(星逢) ラテンショーの勧めかた(ラ) 星組「ガイズ&ドールズ」(東京宝塚劇場) なんかとっ…

ここのところの観劇メモ(どらげない/エイエン)

コンサート/バウ/ワークショップ2班/DS/MP…となんと6つに分かれて活動していた8〜9月の月組の、そのうち3つ(コンサート/ワークショップ2つ)をご縁あって観ることができました。 Dragon Night!! A-EN ARTHUR Ver. ARI Ver.

ここのところの観劇の感想(黒豹/カリスタ/王家)

「1789のアントワネットのドレス着てみたいよね…」などと言っていましたがステージスタジオに入るそうですね。(さすがにルーレットのドレスではない) さて、たまっていた観劇メモをそっと置かせてください。いずれも東京で観ました。

はじめての大劇場遠征の思い出と、遠征についてのあれこれ

暑い日々が続きますね。ふと初めて宝塚大劇場に行ったのも8月だったことを思い出したので、そっとテキストにアウトプットしておきます。感想文というよりは移動メモっぽかった。 思い出し:はじめての大劇場遠征 行った理由 ざっくりした当時の遠征内容 遠征…

宝塚歌劇月組東京公演「1789」の感想的メモ

最近、登場人物の名前等をなかなか覚えられないことに気が付きました筆者です。地味に体調崩したりして更新が滞っておりました。ゆるくアップしていきたいと思います。 さて先日東京公演千秋楽を迎えた「1789」。なんと2016年には東宝版も帝劇で上演されると…

ここのところの観劇の感想。

ここのところ何をしていたかというと意外と落書きばっかりで、すっかり文章を書くことをサボっておりました。観劇の感想メモはサクサク残していかないと。 たまきの背中には夢が詰まっている。(月組東京特別公演「Bandito」) しょっぱなの背中にしびれまし…

奇跡のめぐり合わせ(花組東京特別公演「風の次郎吉」)

「今度が最後かも」と言い続けてはや何年経ったのか…という感じの青年館でした。*1 さてOH! Edo Night Show『風の次郎吉―大江戸夜飛翔―』、タイトルのふざけ具合に惹かれつつ、チケットが取れたので観に行ってきました。演者ののびのび感と演目の自由さのマ…

出会いは意外なところから(2014年の観劇とかそういうのをぼんやり振り返る)

お正月に雪組の初日を観に行ったら、トップさんが揃って口上をされていて「夢のようだ…」と思ってからもう1年経過するのかと驚いております。 宝塚漬け…かと思いきや意外とそうでもなかった…と見せかけて行動のベースにはやっぱり宝塚(というかきりやさん)…

PUCK爆誕。(月組東京新人公演「PUCK」みてきた)

フェアリー感とはほど遠い表現ですが、何だかすごく素敵な誕生の瞬間に立ち会ってしまったぞ…!という気分です。

あの日のときめき、完全再現。(月組大劇場公演「PUCK/CRYSTAL TAKARAZUKA」)

先日の観劇旅行の際、大劇場へも行ってきました。バウへは(New Wave!月で)1月に来ていたのですが、大劇場は月ベルばら(オスカルとアンドレ編)以来ということで、実に1年以上振りということに気づいて少し驚きました。大劇場周辺の少しのんびりした雰囲気…

花組東京宝塚劇場公演「エリザベート」の感想

私が宝塚歌劇にハマって3年~4年というヒヨヒヨのひよっこなので、「エリザベート」を舞台で観るのは初めてです。ハマった当初にDVDをまとめ買いするくらいに宝塚版エリザは魅力的だと思っております。あ、でも以前シアターオーブであったウィーン版のガラコ…

2014年7月・宝塚観劇メモ(ベルばらオスカル編/月博多座/KINGDOM)

7月はそんなに観劇してないよね?と思ったものの、そうでもなかったという話。 ベルばらオスカル様編は1回でも観られてよかったなと思います。博多座は行かないつもりでいたのですが、方々から聞こえる情報からみんな大活躍の予感そしてついでに山笠も見られ…

2014上半期(1月〜6月)観劇メモ(ざっくり・宝塚編。シャルウィ/月風共/夢の祭典/宝塚をどり/ほか)

(Painted in Waterlogue) せっかく書く場を作ったので、今年前半の観劇でのざっくりとした感想をまとめてみたりみなかったりしてみようと思います。まずは宝塚編。 観劇メモなど 東京宝塚劇場 雪組「Shall we ダンス?/CONGRATULATIONS 宝塚!!」 梅田芸術劇…

東京宝塚劇場 星組「The Lost Glory/パッショネイト宝塚!」

100周年ももう後半。過ぎゆく夏を惜しみつつ、熱く楽しんできました。パッショネイト!(どどどん) 感想メモなど その罠は大丈夫なのか ペットボトルが綺麗 ラテンショーの個性って カポエイラかっこいい

2014年8月ざっくり(スカイツリー/近代美術館工芸館/雪前田慶次/ほか)

概要 東京スカイツリー天望デッキ 「アートアクアリウム 2014 ~江戸・金魚の涼~」(日本橋三井ホール) 東京国立近代美術館工芸館「所蔵作品展 こども+おとな工芸館 もようわくわく」 帝国劇場「ミス・サイゴン」 赤坂レッドシアター「I DO! I DO!」 東京…