読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かべメモ

いわゆるメモってやつです

レミゼみてきたメモ

現在帝国劇場にて上演中の「レ・ミゼラブル」。このたび初めて観劇しました。 少し前に映画が話題になってましたが(映画というものが苦手で)それも見ておらず、原作も読んでおらず、「あゝ無情」と言うくらいなので、パンを盗んでどうたらこうたら(ひどい…

らくがき:99月ノバボサ新公

このあいだ放送してたノバ・ボサ・ノバ(99年月、新人公演)の見応えがありすぎて、気がつけばらくがきしていた次第です。

近況2015Apr

気がつけば4月です。あまりの速さにちょっとびっくりしています。 ぼんやり浮かぶことは色々あるのですが、遅筆すぎて追いついてなかったり、あまりにもぼんやりしすぎてテキスト化できてなかったり、して、います。来るものを受け止めるだけで脳の容量がい…

ここのところの観劇の感想。

ここのところ何をしていたかというと意外と落書きばっかりで、すっかり文章を書くことをサボっておりました。観劇の感想メモはサクサク残していかないと。 たまきの背中には夢が詰まっている。(月組東京特別公演「Bandito」) しょっぱなの背中にしびれまし…

「お片付けノート」でだいぶ部屋が快適になったよ

「一日5分×3週間」という文句につられて「お片付けノート」法を試してみたところ、かなり部屋が過ごしやすい状態になったため、その経過を記念に残しておきたいなと思って書いてみる次第です。 <a href="http://togetter.com/li/728686" data-mce-href="http://togetter.com/li/728686">【1週目】1日5分以内×3週間で「片付けられる人間」になる!</a>…

ミュージックビデオっていいですね。

昨日のMステで完膚なきまでにハートを撃ち抜かれたんではないかと思う今日です。もしハマったあとにオーシャンズを観劇してたらこんな気持ちだったんだろうなぁという気がしました。あれはずるいわ…惚れるわ…。過去に戻ることはできませんが、昨日のが(ダニ…

名前がわからない: 切手を入れとくあれ

はるか昔(たぶん20年くらい前)の「お年玉付き年賀はがき」で切手シートより一つ上の賞だったかのレターセット、が入っていたケースを切手やハガキを入れておくケースとして今も愛用している。 というよりも代わりがなかなか見つからないのだ。 要するに小…

奇跡のめぐり合わせ(花組東京特別公演「風の次郎吉」)

「今度が最後かも」と言い続けてはや何年経ったのか…という感じの青年館でした。*1 さてOH! Edo Night Show『風の次郎吉―大江戸夜飛翔―』、タイトルのふざけ具合に惹かれつつ、チケットが取れたので観に行ってきました。演者ののびのび感と演目の自由さのマ…

初めて大衆演劇というものをみたのだけど

なんかすごかった…! たつみ演劇BOXファン*1の友人に誘われて「チケット代もお手頃だから行ってみようかな」と浅草・木馬館へ行ってきました。 大衆演劇というものを私は見たことがなくて、サイト等見ても「なんかちょっと…見た目が怖い?」とちょっとビビっ…

沼日記:新入り、怒涛の年末年始

あけましておめでとうございますイヤフー! しばらくぶりの更新となりますが、その後のトピックスをつらつらと。文字にするとものすごくたくさんテレビ見てたみたいになりました。実際ここ数年ないくらい(個人比)たくさん見てました。 再放送のドラマがいち…

2014年のきりやさんをぼんやり振り返る

2014年はインパクトのある役を多数演じられたきりやさんでした。楽しかった一年をぼんやり振りかえってみます。

出会いは意外なところから(2014年の観劇とかそういうのをぼんやり振り返る)

お正月に雪組の初日を観に行ったら、トップさんが揃って口上をされていて「夢のようだ…」と思ってからもう1年経過するのかと驚いております。 宝塚漬け…かと思いきや意外とそうでもなかった…と見せかけて行動のベースにはやっぱり宝塚(というかきりやさん)…

ヴェローナの二紳士 観劇メモ(2回め以降)

カタカナの「ニ」と漢字の「二」って似てませんか?だからうっかり「ヴェローナのニ紳士」とか書いちゃいそうになりませんか?

つむつむなるもの

某ジェンヌさんのお茶飲みで話題になっていたツムツムというゲームを、ついに私も始めてみたのです。遅っ!という方々からのツッコミが聞こえてくるようです。

日生劇場「ヴェローナの二紳士」初見の感想

7日観劇。初日ゆえの熱さがありました。

PUCK爆誕。(月組東京新人公演「PUCK」みてきた)

フェアリー感とはほど遠い表現ですが、何だかすごく素敵な誕生の瞬間に立ち会ってしまったぞ…!という気分です。

雑文:今の私は10年前の私と別人っぽいけどそんなにおかしな話ではないってこと

実は20年前の行動パターンに戻ったってだけの話だけど、10年くらい前に知り合った方からすると、ここ数年の私は「どうしたんだあいつは」ってくらい趣味に没頭しているように映ったりするのかもしれないとふと思った秋の夜長です。

沼の悩み: ドラマにはちょっとトラウマがあってっていう言い訳

どうもこんにちは。気がついたら家にライブDVDが何枚かあって(※自分で買ってきたらしい)、ちょっと自分で引きました。でもまだ見られていません。半分しか。3枚組でとても長いってのもあるのですが、メンバーがみんな若くて、見ながら無駄に緊張してしまいま…

おとなになるということ。(ミュージカル「モーツァルト!」観てきた)

今年はなんだかんだと帝劇に行ってる気がします。 ミュージカル「モーツァルト!」日本語版は初めての観劇でした。 なんでまた、前に観たのはどこなのさというと、韓国版を2012年に観劇しました。パク・ウンテさんヴォルフでした。あのとき予習もろくにしな…

私が思う「編み物のいいとこ」3つ

昨日勢いのままに書いた文が、あとから見返して「全然編み物やってない人へのアピールになってないじゃん」と反省したので、私が編み物しててよかったなと思うことをいくつか。 昨日書いたの↓ 編み物の失敗歴から得た教訓 - かべメモ 編み物の失敗歴から得た…

編み物の失敗歴から得た教訓

私の(主に冬場の)趣味の一つに編み物があります。とはいえまだそんなに難しいものは編めません。掲載の画像は現在絶賛編みかけ案件の一部です。こんなに不揃いでも楽しくやっちゃってるんだぜ!みんなも編もうよ!(そしたら需要が増えて材料も手に入りや…

沼の悩み:なんとお呼びしたらよろしいのでしょうか

どうもこんにちは。「沼へようこそ」という先達のお言葉をいくつかいただいて、やっぱりここは沼なのだという実感がじわりと高まっております。 ここのところの私はといえば。シングルめぐり(カップリングも素敵な曲が多いのですね)をしていたところ「MONS…

あべのハルカス美術館「新印象派-光と色のドラマ-」展

シニャック作品が好きであるということは以前のエントリで触れたと思います。 で、こちらの展覧会。↓ <a href="http://neo.exhn.jp" data-mce-href="http://neo.exhn.jp">新印象派 光と色のドラマ</a> 新印象派 光と色のドラマ|あべのハルカス美術館 2014年10月10日-2015年1月12日(月・祝)|東京都美術館 2015年1月24日(土)-3…

モテのフィールド外にあって(ミュージカル「日陰でも110度」の感想)

(萬劇場 2014年10月22日〜26日) きっかけ 8月にミュージカル「I DO! I DO!」を観劇して、ジョーンズ&シュミット作品に興味を持ったため。「IDO!」に出演されていた柳瀬さんがご出演ということもあって行ってみた。 感想メモなど リジーの心情には個人的に…

あの日のときめき、完全再現。(月組大劇場公演「PUCK/CRYSTAL TAKARAZUKA」)

先日の観劇旅行の際、大劇場へも行ってきました。バウへは(New Wave!月で)1月に来ていたのですが、大劇場は月ベルばら(オスカルとアンドレ編)以来ということで、実に1年以上振りということに気づいて少し驚きました。大劇場周辺の少しのんびりした雰囲気…

メモ:すまっぷぶーむがやってきた、の巻。

*1 人生には時として思わぬ出会いがあるものです。三十ウン年生きてきてこれまで割とかなり無縁だった男性アイドル(というかSMAP)ブームが私のところに突如やってきたので、記念にそのへんの経緯をメモしてみます。 *1:Painted in Waterlogue

うめやきを求めて(2014.10大阪観劇の旅、裏テーマ)

はじめに 世の中にはいろいろな食べ物があります。旅先には、ともすれば一生知らないで過ごすのではないかという、目立たないローカルな食べ物があり、そういうものに出会うたびにキュンとします。 今回の旅行(目的は観劇)では梅焼というかまぼこについて…

花組東京宝塚劇場公演「エリザベート」の感想

私が宝塚歌劇にハマって3年~4年というヒヨヒヨのひよっこなので、「エリザベート」を舞台で観るのは初めてです。ハマった当初にDVDをまとめ買いするくらいに宝塚版エリザは魅力的だと思っております。あ、でも以前シアターオーブであったウィーン版のガラコ…

シアターオーブのバックステージツアーに行った時のメモ(2014/4/29)

2014/4/29 オーブのバックステージツアーに行ってきました!様々な設備で舞台というものは成り立っているのだなぁと感激しました。ヘルメットをかぶって上のほうに入れてもらったりと、なかなかできない体験をしたように思います。モーターとワイヤーとがた…

2014年7月・宝塚観劇メモ(ベルばらオスカル編/月博多座/KINGDOM)

7月はそんなに観劇してないよね?と思ったものの、そうでもなかったという話。 ベルばらオスカル様編は1回でも観られてよかったなと思います。博多座は行かないつもりでいたのですが、方々から聞こえる情報からみんな大活躍の予感そしてついでに山笠も見られ…

ミュージカル「オーシャンズ11」感想メモ(2014年6〜7月、シアターオーブ)

変なタイミングですが、大阪公演を控えているので、東京公演の感想メモを。 2014年6~7月、東急シアターオーブ。宝塚歌劇で2度上演された「オーシャンズ11」が、ダニーにSMAP・香取慎吾さんを迎えての大舞台。ダイアナ役に霧矢大夢さんが出演するので観劇し…

観劇・山笠・柚子胡椒(福岡・博多座公演観劇の旅2014)

宝塚歌劇は年に1〜2回、博多座でも公演をします。今回(2014年7月)博多祇園山笠と月組博多座公演がちょっとかぶるということもあり、初めて行ってきました。以下そのときの(旅寄りの)メモ。 (こんなとこにも飾り山) 観劇 博多座よいとこ一度はおいで ご当地…

2014年1月〜7月観劇メモ(ざっくり・宝塚以外編。Music Museum/レディベス/シスターアクトほか)

自分比では結構宝塚じゃない演目も観ている今年です。とはいえ半分くらいはOGさんが出演しているものです。役の性別はあまり関係ないのだなぁと改めて思うのでした。 オーシャンズは別途メモを残したいです。 感想メモなど シアタークリエ「PACO」 シアター…

2014上半期(1月〜6月)観劇メモ(ざっくり・宝塚編。シャルウィ/月風共/夢の祭典/宝塚をどり/ほか)

(Painted in Waterlogue) せっかく書く場を作ったので、今年前半の観劇でのざっくりとした感想をまとめてみたりみなかったりしてみようと思います。まずは宝塚編。 観劇メモなど 東京宝塚劇場 雪組「Shall we ダンス?/CONGRATULATIONS 宝塚!!」 梅田芸術劇…

舞台『子供のためのシェイクスピア「ハムレット」』

2014/9/12、あうるすぽっとにて観劇。 先日観劇した「I DO! I DO!」マイケル役のひとり、福井貴一さんご出演とのことで観劇を決める。やはり素敵な声。 内容は「子供のための〜」ということで極端な子供向けを警戒していたが、決して子供をナメることなく構…

ミュージカル「I DO! I DO!」の感想

2014年8月、赤坂レッドシアターで上演されていた公演です。たくさんの未体験と、舞台空間にあるほんのひとさじの魔法、そして現実を振り返らざるを得ない内容…と、忘れられない公演の一つとなりました。 発生するのが魔法でバビューンとかではなくてごく普通…

国立西洋美術館 常設展

芸術の秋なので、久しぶりに行ってきました。美術にそれほど詳しいわけではないのに国立西洋美術館の常設展はたまにとても行きたくなります。これだけのものが常にあって気軽に行けるのは本当に嬉しいです。 感想メモなど 「サン=トロペの港」が好き過ぎて …

東京宝塚劇場 星組「The Lost Glory/パッショネイト宝塚!」

100周年ももう後半。過ぎゆく夏を惜しみつつ、熱く楽しんできました。パッショネイト!(どどどん) 感想メモなど その罠は大丈夫なのか ペットボトルが綺麗 ラテンショーの個性って カポエイラかっこいい

2014年8月ざっくり(スカイツリー/近代美術館工芸館/雪前田慶次/ほか)

概要 東京スカイツリー天望デッキ 「アートアクアリウム 2014 ~江戸・金魚の涼~」(日本橋三井ホール) 東京国立近代美術館工芸館「所蔵作品展 こども+おとな工芸館 もようわくわく」 帝国劇場「ミス・サイゴン」 赤坂レッドシアター「I DO! I DO!」 東京…

新東京丸で行く!東京港見学会

たまたま募集ページにたどり着きまして、応募したら当選したので先日ありがたく参加してきました。 こんなものが見られました 東京港の役割等を海上(新東京丸船内)からと、ビルの上(東京みなと館)から見る 特にコンテナ埠頭がかわいい 感想などメモ 中央…