かべメモ

いわゆるメモってやつです

初めて大衆演劇というものをみたのだけど

なんかすごかった…!

たつみ演劇BOXファン*1の友人に誘われて「チケット代もお手頃だから行ってみようかな」と浅草・木馬館へ行ってきました。

大衆演劇というものを私は見たことがなくて、サイト等見ても「なんかちょっと…見た目が怖い?」とちょっとビビっておりましたが、漫画とかでも中身が面白かったら作画の趣味の違いとかすぐに慣れるじゃないですか。そんな感じでわりと大丈夫でした。

木馬館1月「たつみ演劇BOX」

1月11日(夜)
特選狂言 三人吉三
舞踊 ブラジル音頭

上演場所等によるみたいなのですが、

・舞踊ショー的なもの
・お芝居

この二本立てが多いようです。宝塚見てるのでこの編成はちょっと親和性があるかも。作品は基本日替わりの様子。すごい。

客席も顔なじみが多かったりするのか、お客さん同士少し賑やかな雰囲気でした。

この日は先にショーでしたので、最初にそのビジュアル的な洗礼を受けることとなりました。基本演歌っぽいものを着物で舞い踊るようですが、日本ものというには奇抜な髪型も多数あり。一歩間違うとヤンキーというか。あとはおひねりというのか紙幣を綺麗にピンでとめるあれにも大変びっくりしました。

でも何曲か進むうちに諸々慣れてくるのですね。恐ろしい。曲がポップスか演歌かも気にならなくなってくる不思議。

それから(友人が予約してくれた)席がわりと前の方だということもあるのかもしれませんが、舞台上のスターさんと目が合った気がする率がとても高くて、「これは勘違いしちゃうかもしれないなぁ」と思いました。

演目のところに書いてあった「ブラジル音頭」はショー最後のナンバーでした。群舞で盛り上がります。

 

この日のお芝居は「三人吉三」。自分が観にきたのが本当に大衆演劇というものなのかわからなくなる力の入ったものでした。とても面白かった。

ラストの雪(※紙の)の量が、舞台上に倒れる登場人物も普通に覆い隠すようなとんでもない量で、雪中をのたうち回ったりしている間、マスクを渡された客席の私達はわっさりと雪を浴びるという事態に。

 

f:id:johnkokabe:20150114123726j:plain

雪まみれになりながら終演。

終演後はお見送りもあり、「いま他に好きなものがなかったら明日も来てたかも…」と思いつつ、かなり満足して帰路についたのでした。だって明日は違うことやってるんですよ?私を誘ってくれた友人が、今月に入って何度も何度も劇場まで来ている理由が少しわかったような気がします。

 

*1:気がつくと行ってる気がするのでそう呼ばせてもらう

広告を非表示にする