読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かべメモ

いわゆるメモってやつです

奇跡のめぐり合わせ(花組東京特別公演「風の次郎吉」)

f:id:johnkokabe:20150127075432j:plain

「今度が最後かも」と言い続けてはや何年経ったのか…という感じの青年館でした。*1

さてOH! Edo Night Show『風の次郎吉―大江戸夜飛翔―』、タイトルのふざけ具合に惹かれつつ、チケットが取れたので観に行ってきました。演者ののびのび感と演目の自由さのマッチ具合が絶妙で、年明けて早々こんな楽しい演目にめぐり合ってしまっていいのか(私が)とキャーキャーしながら劇場をあとにしました。

最初に「Hey! Hey! Hey! Hey!」ってされてももはや驚かない*2程度には「OH! Edo Night Show」ってインパクトあるサブタイトルですね。

*3どこまで突拍子もない要素が来るのかと少し構えつつましたが、そんなに違和感を覚えるようなものはなかったと思いました*4

男役にも魅力的な役が多かったけど、娘役のキャラクターが豊富かつ充実キャストだったのが大収穫でした。娘役に役が少ない演目というのも世の中にはあるから…。

あと、特筆しないといけないのは悪役だと思います!ビシッと悪役をするからこそこの作品がお笑いに傾かず更に深みを増したんではないかなぁと思いました。ハラショー(なぜかロシア語)!私も「お主も悪よのう」って言いたい! 

幕間も幕に主要キャストの扮装写真とイメージイラストが映し出されてるわエンディングテーマみたいなの(演歌調)はあるわ手締めはするわで、大盤振る舞い気前いい!って感じでした。

演出に関して強いて気になるところがあったとするなら、観客が拍手を入れたりするタイミングにもうちょっとだけ気を使ってくれたらなぁ…という点でしょうか。「1回しか観劇できないから手締めはどの方式で行くかやる前に教えて欲しかった」とか(贅沢な悩み)。でもこれは個人の好みかもしれません。

 

NEXT青年館は月組東京特別講演「Bandito」。これが本当の最後となるのか!?観劇で痛めたらしい腰をさすりながら「他の劇場は椅子がいいといいな…」と思うのでした。

*1:来月も来ます

*2:毒されてるとも言う

*3:某公演のアドリブがとんでもないことになってたって話を耳にして

*4:幕間に「もっと格調高い演目が観たかったなぁ」とぼやいてる人がいて、「あなたはあのポスターをご覧になってないのか…!」と喉まで出かかって引っ込めました

広告を非表示にする