かべメモ

いわゆるメモってやつです

2015年の観劇等をぼんやり振り返る

早いもので2015年ももう終わりなのですね。今年は「遠征を控える」「脳の受容量を超えない範囲で落ち着いて観る」がテーマでしたが、総回数のわりに比較的充実した鑑賞ができたのではないかなと思っています。

宝塚歌劇

外部の作品は(いい話かもしれないけれど)いずれもハードで、宝塚は心のふるさとのようでした。花組の「新源氏/メロディア」が観られなかったのがとても本当に猛烈に残念。綺麗だったろうなぁ…。

チケットが微妙に取りづらい状態が続いている気がしました。特に東宝

みたもの

白夜、大江戸夜飛翔、風共中日、Bandito、ルパン三世、黒豹、カリスタ、1789、王家、DRAGON NIGHT!!、A-EN(朝美)(暁)、星逢、ガイズ。今年は遠征はなるべくしないのが目標でした。A-ENはもうよっぽどのことなので飛んでいきました。

22(昨年比-4回)ちなみに花2、月12、雪3、星3、宙2。

印象に残った作品

回数を見るとわかるようにだいたい月ばっかり見ていて、思い入れ度には大きな偏りがあります。

お芝居…星逢(熱量ある新作)、A-EN朝美版(あーさのポテンシャルを感じた)、風共中日(みんな芝居うまくなった?)

ショー…Banditoのフィナーレ。初見でビビッとくるダンスシーンって久しぶりだと思う。ああいうの本公演でも早く!やりましょう!よ!

その他

ひとつ願うなら、来年は素敵なデュエットダンスに出会えたらいいなと思います。そればかりが宝塚ではないのですが。

きりやさん関連

別記事に。

johnkokabe.hatenablog.jp

ジャニーズ関係

みたもの…burst!、Spiralコン、SHOCK、No.9、ABC座、ジャニワ。

友人に誘われる等して、いつの間にか見に行くものが広がりつつあるのが一年前の私に教えてあげたいところ。映像で拝見しているのとパフォーマンスしているのを見るのとではずいぶん印象が違うんだな…というある種当たり前のことを実感するのでありました。百聞は一見にしかずってやつです。

そのほか

みたもの…レミゼ、パッション。エリザは「どのキャストにしたらいいのか」などとぼんやりしてるうちに終わっていました。

レミゼは完全な食わず嫌いでした…!観劇後に(上映時どれだけあらゆる方面の方からオススメされても結局見に行かなかった)映画版のDVDを借りに行きました。ラマンチャもそうでしたが、長く上演される作品にはパワーがある。

2016年楽しみな作品

個人的には「マイ・フェア・レディ」再演がとても楽しみです。あと東宝の1789がどんなことになるのか、少し気になってます。宝塚的には、やっと再演ラッシュは一息ついたのかな…と、新しい作品との出会いを待っています。

皆様良いお年を!

広告を非表示にする