読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かべメモ

いわゆるメモってやつです

編み物今日このごろ2016年度前半

趣味乱立そして千々に心乱れる今日このごろですが、「あーもう何もかも置いといてちょっとだけ編み物に没頭する時間を取りたーい!」と身体が感じてるってことは、頭がちょっとだけ疲れてるのかなと思います。ということでシーズン入りたてにもかかわらず編み物の話。

ペーパーヤーンを編んでみる

夏に編んで使うもののイメージが(私が使いそうなものの中に)全然なくてほとんどやっていませんでした。欲しいものはなくはない、なくはないんだ…ひとつは帽子…頭大きいから自分サイズのがほしい…でもかぎ針が苦手…。もうひとつはカバン的なもので、ペーパーヤーンを買ってみたからクラッチバッグ的なものを作ってみた…!わりと楽しい模様編みだった!

f:id:johnkokabe:20161108213200j:plain

(パターン)「シンプルなのに仕掛けが光るニットのふだん着」クラッチバッグ

編む速度が上がった(気がする)

編む速度なのか図面の読解速度なのかちょっとわからないですが、今年は小物を仕上げる速度がめっちゃ速い(むろん自分比)気がしました。昨シーズン着るもの編んだからなのでしょうか。

今年はちょっと太い糸でカーディガンを編んでて、できたら着たいからシンプルに作ろうとしてるせいで案の定飽きたり他のことしたくなったりしていて、小物作りに逃避してました。編み目/Hourの計測をしようかなとも思ったのですが、焦るとだんだん目が詰まるので、ほどほどにします。

ないものはつくるしかない(クリスマスツリーの飾り編)

ちっちゃい頃あまり親がクリスマスツリーの飾りを買ってくれなかったけど折り紙等の素材だけは与えてもらっており(ツリー本体と電飾はさすがに買ってくれたけども)、別に親が折り紙得意なわけでもないので図書館に本を借りに行って毎年ちょっとずつ作っていたことをこの時期になると思い出すのです。今インテリアショップとかホームセンターとか行くと、すごくきれいな飾りがけっこうリーズナブルに買えるんですね。あの日の自分ちに送ってあげたい。ただあの頃の経験がなければその後こんなに「欲しいものを作る」ことに執着してないんじゃないかと思うので、万一送ってあげていたらその後の人生もゴロッと変わってたかもしれない。

話がそれました。編み物がちょっとできるようになって数年、そろそろ身近な欲しいものは作り尽くしたのではなかろうかという今年なのです。とはいえ手は動かしたい。ツリーの飾りのクリスマスボール(Arne & Carlos Julekuler | Schachenmayr.comにあるような)編んだら楽しいかなぁ、どうやって球体になるんだろうなって気になってたし…とも思いましたが、ツリーの飾りで欲しかったやつといえば星型のあれだよ!ということで編んでみることにしました。使用した編み方:Just Crafty Enough – Iron Craft Challenge #24 – Knit Star Ornaments

三角形が星型っぽくなっていく過程が面白かったです。とはいえこの記事を書いた時点では1枚しか編めておらず、あと並太で編んだら半端に大きい(下の画像3枚目のものさしから大きさ推測していただければと思います)ので、すでにツリーに飾れないですたぶん。何より、まだ我が家にはクリスマスツリーがありません。

f:id:johnkokabe:20161108213157j:plain
これを

 

f:id:johnkokabe:20161108213155j:plain
5つ作って

 

f:id:johnkokabe:20161108213151j:plain
輪にして中央に向かって減らし目していく

 

f:id:johnkokabe:20161108213148j:plain
最終的にこうなる

広告を非表示にする