かべメモ

いわゆるメモってやつです

スキップのこと

 

なんとか!なんとか観ることができました。世界ありがとう!

原作を読んだ時は「この(いかにも中年な)造形描写は、あの美しさでしかも上質な筋肉の持ち主であらせられる霧矢さんに表現できるんだろうか…?」とちょっと危惧した大人真理子ですが、17歳真理子の深川さんもまた可愛すぎて、二人並べたらそんな細かいことはどうでも良くなりました。奇跡。まりこつよい。

 

私はどちらかと17歳真理子よりは42歳真理子に歳が近く、幸運なことにこの人生のうちでつらいできごとは今のところほとんど起きておらず、夢ばっかり見ていて今ここにいます。

転換を役者さんがやったり、小説の地の文っぽいところを(例えてみるなら卒業式の呼びかけみたいな感じで)読むようなスタイルだったりするところから、この舞台って、そういう年代の人には、青春を思い返してセンチメンタルになったりするのがきっと楽しい鑑賞スタイルなんだろうなと思いつつ、「やばいぞ…実は私も42歳真理子みたいな状態なのではないか」って観劇後とても焦ったわけです。大きくなったつもりでいるけれど、実は何もできないんじゃないかとか。でもほら、進むしかないの!進むしかないんだよ!ということでがんばります。

--

いつも観劇してるジャンルは女性客が多いことばかりなので、事前に聞いてたけれど客層の違いには少し戸惑いました。あとサンシャイン劇場て遠いね、ハンズの方から行くとね。

プログラムの質問に私も答えてみた

私もみんなの答えが知りたいなと思って書いてみました。

質問(1)=好きな言葉は?

「これはこれでいい」

当初の自分の予想とはちょっと違ったけど、この感じも嫌いではなかったりするときってちょっと得した気がします。自分は好きだけど周囲の感触はあまり良くない時なども。

「2mmだけ進めよう」

最近個人的に多用してるフレーズです。性格上ゼロか100かでしか考えられないことが多くて、でも1だとなんだかちょっと少ないなって思って、2mmも正直大して変わらないけど、実質5mmくらいは進んでる気がします。

質問(2)=嫌いな言葉は?

「2時間待ち」

とにかく待てないということは私の重大な弱点の一つだという自覚はありますが、歩いてる2時間とただ待ってる2時間は全然違うよね…。

質問(3)=美しいと思う日本語は?

「ひたひたの水(料理するとき使う言葉)」の、ひたひた。

質問(4)=高校時代の思い出は?

土曜日は午前で授業が終わるので、学校で昼ごはんを食べて、浅草の仲見世に行って逆刃刀をながめたり千代紙を買ったりしてました。

質問(5)=もし25年、過去か未来にスキップしてしまったとしたら?

過去…どの分かれ道も今に至った私が選んだのとは違う方を選んでみるだろうなと思います

未来…あまりにつらかったらとりあえず旅行に行くかもしれない。しかし25年分の記憶がない(私が過ごしていたらしい)街はいるだけでも面白いのかもしれないですね

広告を非表示にする