かべメモ

いわゆるメモってやつです

PUCK爆誕。(月組東京新人公演「PUCK」みてきた)

Painted in Waterlogue

フェアリー感とはほど遠い表現ですが、何だかすごく素敵な誕生の瞬間に立ち会ってしまったぞ…!という気分です。

 

月組東京新人公演「PUCK」を観劇してきました。月組の新人公演にはここのところ運良く連続で観劇できていますが、今回も良い新人公演だったと思います!

新人公演初主演・朝美絢さん。終演後のご挨拶でおっしゃっていた「宝塚大劇場(ここは東京宝塚劇場だけど)よりも大きな男役になりたい」という目標、達成されることを祈っています。

以下ゆるい感想メモ-----------

PUCKが生まれるシーンは、まるで私もスター誕生の瞬間に立ち会ってしまったような気がして、開始直後に胸が熱くなった。新人公演初主演にぴったりすぎるシーンだなと思った。(生まれたての妖精といえば、2014年博多座3本立て公演、ショー中詰めの月下美人も生まれたて感が漂っていて大好きだったので余計に感激した)

そんなさわやかでしなやかな魅力がダンスにも表れていて、生まれたての歌の妖精を更に魅力的に見せていた。ダンスって大事だねぇ。 

それから今回嬉しかったのは、おじさま〜おじいさま役を演じるたまきさん(珠城りょう)を見られたこと。映像で「ジプシー男爵」新人公演を見たときから(渋いおじさま役を見てみたい…!)と思っていた。本当に嬉しい。 

(話がそれるけどたまきさんのなんだかとても興味深いアルバイトを見逃したらしくたいへん心残り)

 

東西合わせて2回しかない機会なので、挑戦のためのちょっと驚く配役が組まれてもおかしくなさそうなところだが、普通にツルッと観劇できてしまったので、恐ろしい新人公演だな…と思った。

広告を非表示にする